民事再生の流れ

債務整理の相談を弁護士に行った場合、当然民事再生を希望する人もいますし、弁護士から民事再生をすすめられることもあるでしょう。そこで民事再生を行う際の流れを簡単に紹介させていただきます。最初はもちろん借金相談をするところから始まります。そうすると弁護士がいろいろとアドバイスや指示をしてくれるので、それに従って書類を作成しましょう。

その際に現在の収入がわかる物と、借金の詳細がわかるような物を持参すると、スムーズに手続きを進めてくことができます。書類に問題がなければ民事再生をしたいということを裁判所に申し出ます。この際に借金の返済に関しても、住宅ローン以外は請求を止めることが可能です。これも民事再生のメリットだと言えるでしょう。申し出てから1ヵ月ぐらいで開始することができます。

もちろん注意するべき点もあるのですが、それは3年以内に借金の整理をきちんとできる状態であるのかという点です。3年経過しても、どう考えても借金の返済ができないと判断された場合には、自己破産という選択肢になってしまうので、まずは仕事をしていることと、あまりにも多額の借金になっていないことが大切になります。再生計画の提出も行わないといけないので、このような点もよく弁護士と話し合わないといけません。